看護師の美容系転職サイトについて

看護師の方が一般病棟から美容クリニックなどの美容系の職場に転職するケースは年々増加しています。看護師の方に限らず、転職をする際に転職先を探すかと思いますが、大きくは4つに分かれています。一つはハローワークでの求人募集。二つ目はフリーペーパーなどで募集している求人募集。三つ目はヘッドハンティング。いわゆる引き抜きです。そして最後が転職サイトでの求人募集。

今回は最後の転職サイトについてです。転職サイトも今の日本では数多くのサイトがありますが、看護師の方でまた美容系クリニック専門の転職サイトは数えるほどです。美容系クリニックに転職を考えている方はこの美容系クリニック専門の転職サイトをフル活用することが、転職成功の第一歩です。まず、美容系クリニック専門の転職サイトは数えるほどしかありませんが、その中でも扱っている求人数が最も多いサイトに問い合わせしましょう。また、休日や給与条件はもちろんですが、気になったクリニックの細かい情報まで教えてもらえるような、相談のしやすい転職サイトを見つけることが大事です。

美容外科求人ガイドは美容クリニックを専門としておりますので、求人数は業界No.1です。
休日や給与などの条件面だけではなく、実際にご入職された方から伺った話や各クリニックの詳しい情報までしっかりとお伝えいたしますので、お気軽にご相談ください。

出典元 (美容外科の看護師求人サイト|美容外科求人ガイド

また転職サイトでは看護師専門のアドバイザーが無料でサポートしてくれるサービスがありますので、これは絶対に活用して下さい。このアドバイザーが自分の経歴などから最も合う転職先を推薦してくれますので、他の求人方法と違う点を挙げるとすれば、転職サイトはこの看護師専門アドバイザーがとても武器になります。自分が興味を持った転職先が見つかりましたらすぐにアドバイザーに相談して、その転職先のメリットやデメリットなどを加味した上で、より良い転職先を見つけましょう。

看護師の退職時期

今の職場を辞めて他の職場に転職したいと考えている看護師の多くが、退職理由や退職時期を考えているかと思います。退職理由は理由によっては、今の職場から引き止められてしまいますし、退職時期は時期によっては円満に退職ができないケースが発生します。

退職理由はもちろん人それぞれですが、正直に言っていいパターンと正直に言わない方が良いパターンがあります。多くは正直に言わない方が良いケースが多いです。例えば、今の職場の給与や休日、それ以外の福利厚生面などに納得がいかずに退職をしたい場合、この退職理由は正直に言わない方がよいでしょう。この理由では、引き止められてしまう可能性が高いですし、そのままずるずる残ってしまう方向になってしまいます。退職理由で一番良いのはどうしようもできない理由を作ることです。具体的には親の介護などが挙げられます。あまり嘘をつくのは良いイメージがありませんが、退職したいと申し出て実際に退職するまでの期間を円満に過ごしたいのであれば嘘をついた方がお互いに良いです。ただしその場合はしっかりとシミュレーションをしてから退職を申し出るようにしましょう。

退職時期ですが、基本的にはイレギュラーなケースを除いて、ボーナス後から1か月後の7月や1月などが良いでしょう。ボーナス支給直後の6月や12月に退職しても何の問題もないですが、気持ち的に少し心残りがあるでしょう。したがって7月や1月であればそのようなことがないので、一般的には7月や1月が退職する時期としてふさわしいでしょう。

看護師の転職時期

看護師の方で転職を考えている方は非常に多いと思います。そんな看護師の方で転職をどの時期にしようかと悩まれている方は多いはず。辞める時期によっては、今現在勤めている勤務先に迷惑を掛けてしまい、円満退職ができないケースが多々ありますので、転職する時期をしっかりと把握しておきましょう。

早速ですが、転職をする時期として最も良いとされている時期はいつなのでしょうか。ベストな時期は10月です。なぜこの時期が良いのかというと、基本的に日本の病院だけでなく企業なども4月から期が始まり、3月に期が終わるところが多いです。この流れでいくと10月は期のちょうど半期にあたり、人事異動などもありますし、人の異動が多いものです。病院側も転職者側も受け入れ態勢が整いやすいという観点から転職するなら10月がベストと考えて良いでしょう。

上記の流れでいくと、期が終わった4月からの方が良いのでは、と考える方もいるかと思いますが、4月は新入社員が入ってくる時期ですので、病院側もその新入社員の育成に手がかかります。転職者もその転職先はもちろん初めてですので、考えは同じですが看護師としての業務は経験していることから新入社員と同じに扱うわけにはいけませんので、逆に4月は転職者側としては転職してから仕事がやりづらいです。10月であれば、他の転職者と同時に入るケースも多い為、仲間もいますし、転職先に自然に馴染みやすいと思いますので、転職するのであれば10月を目安に準備を進めて下さい。

看護師転職の志望動機

日本には多くの看護師がいますが、きつくて辛いという労働環境が多いので転職を考える人も非常に多いです。そういった労働環境の中、転職をする際に必ずと言っていいほど、転職先の面接担当者に聞かれるのが志望動機です。この志望動機はどれだけうちの病院や美容クリニックに入りたいかという本気度を伺える重要な質問です。ここでつまずいてしまいますとあとの質問にも非常に影響してしまいます。とは言っても、多くの人が今の勤め先のどこかしらが嫌で転職先を考えるもの。また、本音で言えば、転職先の方が仕事が楽そうやお給料が高い、休みが多いといった労働環境や賃金環境の改善を志望動機としているかと思います。しかし、これをこのまま志望動機として伝えてしまうのは、絶対にNGです。いくら採用担当者でもこのような部分を志望動機として言われてしまうと、採用するのに非常に困惑してしまいます。

それではどのような回答が一番良いのか?結論から言うと、その転職先にしかないメリットを挙げることがベストな答えと言えるでしょう。具体的にはその転職先によって異なりますが、いかに転職先のことを調べていて、その転職先なら自分の長所が多く活かせるかという点を伝えるのが良いでしょう。ただし、企業理念に共感したなどの簡易的な志望動機はNGです。企業理念であっても企業理念のどういったところに共感をして、今までの自分のキャリアとどう結びつくのかという点まで説明しないと、採用担当者の心には響きません。ただホームページの丸暗記だけではなく、それに一言自分の言葉で補足を付けるのが志望動機のポイントです。