看護師転職の志望動機

日本には多くの看護師がいますが、きつくて辛いという労働環境が多いので転職を考える人も非常に多いです。そういった労働環境の中、転職をする際に必ずと言っていいほど、転職先の面接担当者に聞かれるのが志望動機です。この志望動機はどれだけうちの病院や美容クリニックに入りたいかという本気度を伺える重要な質問です。ここでつまずいてしまいますとあとの質問にも非常に影響してしまいます。とは言っても、多くの人が今の勤め先のどこかしらが嫌で転職先を考えるもの。また、本音で言えば、転職先の方が仕事が楽そうやお給料が高い、休みが多いといった労働環境や賃金環境の改善を志望動機としているかと思います。しかし、これをこのまま志望動機として伝えてしまうのは、絶対にNGです。いくら採用担当者でもこのような部分を志望動機として言われてしまうと、採用するのに非常に困惑してしまいます。

それではどのような回答が一番良いのか?結論から言うと、その転職先にしかないメリットを挙げることがベストな答えと言えるでしょう。具体的にはその転職先によって異なりますが、いかに転職先のことを調べていて、その転職先なら自分の長所が多く活かせるかという点を伝えるのが良いでしょう。ただし、企業理念に共感したなどの簡易的な志望動機はNGです。企業理念であっても企業理念のどういったところに共感をして、今までの自分のキャリアとどう結びつくのかという点まで説明しないと、採用担当者の心には響きません。ただホームページの丸暗記だけではなく、それに一言自分の言葉で補足を付けるのが志望動機のポイントです。

You Might Also Like