看護師の退職時期

今の職場を辞めて他の職場に転職したいと考えている看護師の多くが、退職理由や退職時期を考えているかと思います。退職理由は理由によっては、今の職場から引き止められてしまいますし、退職時期は時期によっては円満に退職ができないケースが発生します。

退職理由はもちろん人それぞれですが、正直に言っていいパターンと正直に言わない方が良いパターンがあります。多くは正直に言わない方が良いケースが多いです。例えば、今の職場の給与や休日、それ以外の福利厚生面などに納得がいかずに退職をしたい場合、この退職理由は正直に言わない方がよいでしょう。この理由では、引き止められてしまう可能性が高いですし、そのままずるずる残ってしまう方向になってしまいます。退職理由で一番良いのはどうしようもできない理由を作ることです。具体的には親の介護などが挙げられます。あまり嘘をつくのは良いイメージがありませんが、退職したいと申し出て実際に退職するまでの期間を円満に過ごしたいのであれば嘘をついた方がお互いに良いです。ただしその場合はしっかりとシミュレーションをしてから退職を申し出るようにしましょう。

退職時期ですが、基本的にはイレギュラーなケースを除いて、ボーナス後から1か月後の7月や1月などが良いでしょう。ボーナス支給直後の6月や12月に退職しても何の問題もないですが、気持ち的に少し心残りがあるでしょう。したがって7月や1月であればそのようなことがないので、一般的には7月や1月が退職する時期としてふさわしいでしょう。

You Might Also Like